「ボクたちはみんな大人になれなかった」映画レビュー “最後の夜から最初の夜に連なる彼女の「フツー」”

2022☆Brand new Movies

評価: 10点

Story

あの時も、あの場所も、あの人も、すべてがいまの自分に繋がっている。 1995年、ボクは彼女と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思った。「君は大丈夫だよ。おもしろいもん」。初めて出来た彼女の言葉に支えられがむしゃらに働いた日々。1999年、ノストラダムスの大予言に反して地球は滅亡せず、唯一の心の支えだった彼女はさよならも言わずに去っていった――。志した小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続けたボクにも、時間だけは等しく過ぎて行った。そして2020年。社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳のボクは、いくつかのほろ苦い再会をきっかけに、二度と戻らない“あの頃”を思い出す…… Filmarksより

Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』 予告篇
Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロ サ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー&NETFLIX全世界配信開始!ついに本予告解禁!「君は大丈夫だよ。おもしろいもん」46歳になった主人公の佐藤は、いくつかの再会から、20年以上前に初めて出来た彼女・...

 

Review

昨年(2021年)暮れにティザームービーを観た時点で、“予感”はあった。
ただそれ故になかなか観られず、Netflixのマイリストに入ったまま数ヶ月。ようやく鑑賞。
結論として、“予感”の通りに、少なくとも自分にとっては「特別」にならざるを得ない映画だった。

40代半ばの主人公が辿ってきた二十数年間を遡ってつぶさに描き出された映画世界は、同じ年代、同じ時代を過ごしてきた者として、まさにタイムスリップしたような感覚に包み込まれる。
僕自身は、東京という街でずっと暮らしてきたわけでもなく、二十歳前後の数年間をあの街で過ごしただけだけれど、それでも、この映画の主人公と同じ時代にあの場所で感じた空気感を思い出し、希望、欲望、羨望、絶望、あらゆる感情をひっくるめた感覚が蘇ってくるようだった。

実際は、「絶望」なんて感じるよりも前に、僕は夢半ばであの場所から去ってしまったが、「もし」あのまま憧れと願望にしがみつき、留まっていたならば……と考えると、主人公が辿った人生模様とどこか重なるようで、正直心が乱れて落ち着かなかった。

映画を彩る環境や音楽や美術や衣装、小道具に至るまで、映し出される画面のディティールを追っていくだけでも懐かしく、感慨深い。
安いラブホテルを探した夜、シネマライズの行列、「スワロウテイル」のポスター、浅野忠信が表紙の雑誌「H」、“グリコ”の娘の娼婦役と歌声、野猿、BiSH……、この映画世界の「時代」に散りばめられたすべてが、堪らなくエモーショナルだった。

つらつらと懐古的なことを並べると、世代的にドンピシャの40代のおじさんがノスタルジーに浸るだけの映画のようにも聞こえてしまいそうだが、そうではない。(と思う)
本作は、「普通の人生」という普遍的な概念の中で、思い悩み、時にもがき、時に抗うすべての人間のための映画だったと思う。

人間誰しも「フツー」というフレーズに少なからず拒否感や嫌悪感を覚える時期があるものだ。
「自分は他人とは違う」「何かができるはず」「こんなはずじゃなかった」と、焦りや後悔は、人生を通じて常に付き纏う。
でも、結果的に、ほぼすべての人は、フツーに人生を送り、フツーにその終着を迎える。
そこには、諦めもあれば、妥協もあるだろう。そして、悲劇にもなろうし、幸福でもあろうと思う。
それが即ち「人生」だ。

気が付けば46歳になっていた主人公が、コロナ禍で静まり返る深夜の東京の街で、ふと昔を振り返り、そして気づいたことは、「フツー」であることを、無意識的に恐れ、拒絶し、ないがしろにし続けてきた反面、実は知らず識らずの内に受け入れてしまっていた「現実」と、見過ごしていたその「真価」だったのだろう。
ラストシーンで主人公が発する「ホント、フツーだわ」という言葉には、過ぎ去ってしまった時間に対する後悔、「フツー」を直視することを避け続けてしまったことへの悔恨、そして、それらと同時に確実に存在していた自らの“フツーの人生”の“フツーの輝き”を愛おしむ思いに溢れていた。

「ホント、フツーだなあと思って」と悲しげに背を向けた最後の夜の彼女。
「うれしい時、悲しい気持ちになる」と涙を浮かべた最初の夜の彼女。
そこに、主人公が若かりし日に汲み取りきれなかった何かがあったのかもしれないし、無かったのかもしれない。

ボクたちはみんな大人に“なれなかった”のか、“ならなかった”のか、“なってしまった”のか、それとも……。鑑賞者一人ひとりの人生とその時の心情によって、その末尾は変わり続ける。

 

Information

タイトル
ボクたちはみんな大人になれなかった
製作年2021年
製作国日本
監督
森義仁
脚本
高田亮
撮影
吉田明義
出演
森山未來
伊藤沙莉
東出昌大
SUMIRE
篠原篤
平岳大
片山萌美
高嶋政伸
ラサール石井
大島優子
萩原聖人
鑑賞環境インターネット(Netflix)
評価10点

 

Recommended

Watch We Couldn't Become Adults | Netflix Official Site
Prodded by a friend request, a feckless forty-something recalls his past relationships from the 90s onward, looking for his vanished hopes and dreams.

画像引用:https://youtu.be/g6mIp7YjjaE

コメント

タイトルとURLをコピーしました