スバラシネマex「カムカムエヴリバディ」“「100年」だからこそ真価が深まる反復の物語”

スバラシネマex

評価: 9点

Story

ラジオ英語講座との出会いが未来を切り開いていく。昭和から平成そして令和へ。安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡ぐ100年のファミリーストーリー。 Filmarksより

[カムカムエヴリバディ] 第1週(1~5話)ダイジェスト | だいたい2分でわかる【ネタバレ注意】| 朝ドラ | NHK
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の最新情報はこちら! 年3月22日。日本のラジオ放送開始と時を同じくして生まれたヒロイン・橘安子(上白石萌音)。岡山にある和菓子屋であんこの甘い香りに包まれて成長した安子は、繊維会社の...

 

Review

「100年の物語」とイントロダクションで明示されていた“本当の意味”を、僕はこのドラマの最終盤に至るまで実は理解していなかったのかもしれない。
一口に「100年」と言うのはあまりに簡単だけれど、その年月を通じて紡ぎ出されたひとつの「家族」の物語がなんと芳醇なものかと、怒涛の最終週で思い知った。

すべての人間の、すべての人生は、決して一筋縄ではいかない。
思い通りになどならないし、大なり小なりの悔いは常に付き纏うものだろう。
なぜあのときああ言ってしまったのだろう。なぜあのときこうしなかったのだろう。
過ぎ去った時間は無情で、戻ることはない。
けれど、一方で時間は、ほつれて固まった糸を解きほぐすように、ゆっくりと、確実に、人の心を和らげる。

この“100年”のドラマは、時代を越えて、また3人のヒロインの人生を越えて、幾つもの「言葉」や「行動」や「物」や「場面」が繰り返し、反復するように描き出された。
自転車の練習、夏祭りの風鈴、映画デート、時代劇スターの決め台詞……etc

そしてその「反復」の象徴として存在していたものが、「ラジオ英語講座」だった。
ただ一回の放送を聴いただけではほぼ意味を成さないけれど、何回も何日も何年も長い時間の中で繰り返されることで初めて真価を発する教材であり、文化であるラジオ英語講座は、まさにこのドラマを表すテーマそのものだった。と、最終回まで観終えた今、初めて気づく。
そしてそのテーマ性は、“朝ドラ”というこの国の特異なエンターテイメントの形態とも重なり、メタ的で、多層的な構造を成していたと思う。

ドラマにおける「反復」は、ある時はまったく新しい意味を与え、ある時は過ぎ去った時間を取り戻すかのように、登場人物たちの様々な人生の場面で“救い”となっていく。
かつて言えなかった言葉も、伝わらなかった思いも、果たせなかった夢も、累々とした時間の中で実はちゃんと繋がっていて、もしかするとその機会は、また自分の元へ戻ってくるかもしれない。

60年前の戦争で亡くなってしまっていて、面識もなければ存在すら知らなかった祖父の思いと言葉が、意図せず受け継がれ、孫娘の口から発せられるという人生の不思議。
それはとてもドラマティックで奇跡的なことのようにも見えるけれど、すべての市井の人々に共通する“営み”の帰着だと思えた。
悼みを抱え、苦しさを抱え、悔しさを抱え、それでも一生懸命に喜びを求め、「今」より更に生き続けるからこそ、「ひなたの道」は開ける。
それは、実のところ「時代」なんて関係なく、「今」を生きるすべての人たちに向けたメッセージだ。

そう、本作のイントロダクションにも添えられている通り、「これは、すべての『私』の物語。」だった。
巡りめぐった物語のその帰着に、只々感嘆とした。

3人のヒロインそれぞれの人生に対して語りきれぬ思いがあると同時に、彼女たち以外のすべての登場人物たち、そして登場すらしていない人物たちにも、当然のごとく語りきれぬ人生模様があるということに気づいたとき、この朝ドラが「100年の物語」と銘打った本当の意味が腹に落ちた。

 

 

Information

タイトルカムカムエヴリバディ
製作年(放映期間)2021年11月〜2022年4月
製作国日本
演出
安達もじり
橋爪紳一朗
深川貴志
松岡一史
二見大輔
泉並敬眞
石川慎一郎
脚本
藤本有紀
撮影
出演
上白石萌音
深津絵里
川栄李奈
濱田岳
松村北斗
村上虹郎
本郷奏多
小野花梨
市川実日子
三浦透子
新川優愛
前野朋哉
堀部圭亮
徳永ゆうき
青木柚
岡田結実
安達祐実
尾上菊之助
世良公則
大和田伸也
鷲尾真知子
村田雄浩
濱田マリ
松重豊
オダギリジョー
YOU
西田尚美
甲本雅裕
段田安則
村雨辰剛
早乙女太一
近藤芳正
佐々木希
おいでやす小田
松原智恵子
新津ちせ
平埜生成
目黒祐樹
多岐川裕美
森山良子
鑑賞環境TV
評価9点

 

Recommended

連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ 完全版 ブルーレイ BOX3 [Blu-ray]
商品詳細後日公開

画像引用:https://www.nhk.or.jp/comecome/

コメント

タイトルとURLをコピーしました