サッカー選手の生き方2

三浦知良がフットサルのワールドカップ日本代表に選ばれた。

本人自身が「違和感を感じる」と言っているように、

「念願のワールドカップ出場!」なんていうお門違いな見出しには呆れてしまうが、

中央のラインの色は違えど、彼が再び「日本代表」のユニフォームに袖を通すという事実には、

どうしたって高揚感を覚える。

昨日、NHKのニュース内でインタビューを受ける“カズ”の姿を見て、

この人は歳を重ねる程に格好良くなっていると改めて感じた。

先日記した「中田英寿の生き方」とは正反対の立ち位置。

即ち、この人はいつまでも「サッカー選手」で在り続けるだろうということ。

やはり、「格好良い」としか言いようがない。

この「45歳」の在り方は、これからそこに向かう日本中の男にとって“憧れ”だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました