「ルパン三世 天使の策略(タクティクス) ~夢のカケラは殺しの香り~」

2005☆Brand new Movies

 

全然おもしろくなんてないんだけど、近年のテレビSPシリーズのレベルに慣れてきているせいか、なんとなく最後まで観てしまった。

もうこんなこと突っ込んでも仕方ないのかもしれないが、すべてが安易で粗末。
敵方の大ボス=エミリーが登場時点から“怪しい”と思わせた点は置いといたとしても、あの豹変振りは何なんだ?本性を通り越して“精神異常者”になってどうするんだ。
他の敵メンバーの女たちも、そろいもそろってオカシイ…。それぞれ秘めた思いがあるのかと思ったら、ただの乱射バカだったり、ただの男装バカだったり。
致命的なのは、そういうオカシイ敵たちをルパン一味が、あからさまに殺してしまっている点。まーそりゃ今までも散々殺しはしてるんだろうけど、そうことごとくそれぞれが殺っちゃたらダメなのでは……と思った。

「ルパン三世 天使の策略(タクティクス) ~夢のカケラは殺しの香り~」
2005年【日】
鑑賞環境:TV
評価:2点

コメント

タイトルとURLをコピーしました