歓喜する幸福 そして キング

“彼”がサッカー日本代表の「エース」だったのは、もう15年近くも前の話だ。

以来、幾人もの才能あふれたプレイヤー達が代表チームのエースとして活躍してきた。

それにも関わらず、日本のサッカーファンは、今なお“彼”を「キング」と呼び続ける。そのことを誰も否定しない。

そして、“彼”がやっぱり「キング」だということを、今夜日本中が再確認した。

『東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ』

この日本のサッカー界が一体となった試合で、44歳の三浦知良が日本代表相手にゴールを決めた。

ゴール前に誰よりも速く抜け出し、GKと対峙した絶妙のタイミングでシュートを放った。

ボールはゴール右隅に突き刺さった。

カズは迷いなくゴール裏に走り、いつものダンスを舞い、力強く天を指差した。

たぶん、この試合を見ていた誰しもが、今夜最も沸いた瞬間だったろう。

僕は思わず涙が溢れそうになった。

試合後のインタビューで“キング”が言った通り、今夜のすべてのゴールは、“みんな”が決めたゴールだろうと思う。

震災後常に一体感をもって今夜の試合を組んだ日本サッカー界、スタジアムに集まったファン、世界中で観戦したファン、その他すべての日本人……“みんな”で決めたゴール。

それにしてもやっぱり「キング」だ。

日本代表は、フルメンバーが集結し、今の「地力」をしっかりと見せつけた逞しい強さを披露してくれた。

一人一人の選手、サッカー協会、Jリーグが今出来る最大限のパフォーマンスを見せてくれた素晴らしいゲーム展開だっただけに、

なおのこと見たかったのは“彼”のゴールだった。

そこで決める凄さ。もう何も言えない。

サッカーの素晴らしさ、スポーツの素晴らしさ。

改めて、ひとつのゴールに歓喜できる「幸福」を心から感じた夜だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました