緊張と恥

「どうしよう、どうしよう」と、愛妻に不安を漏らしつつ、

来週の友人の結婚式でのスピーチ原稿を、酔いと疲れに身をまかしたまま、一気に書き上げた。

実際のところ、友人代表スピーチなど人生において1、2度あるかないかのことなので、

大いに緊張はしているが、少し楽しみではある。

昔の思い出でも振り返ろうと、

手書きの日記帳を引っ張り出してきて、ところどころ読んでみたが、

恥ずかしくって仕方がなかった。

自分でも読んでられないくらいなので、当然人には見せられない。

が、それくらいイタ面白いので、

近いうちに「ひとりごとの記憶クラシック【東京生活篇】」も再開しようと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました