プールサイドをゆっくりと走る↓

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」という日本の映画で、

苦労の末、主人公は宿敵と対決し、見事に敗れ去る。

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」というドイツの映画で、

連れ添う主人公たちは、念願の海を見て「最期」を迎える。

“満足”なんてことは、

遥かに続く人生には有り得ない。

人間である以上、「欲望」は決して尽きない。人間は果てしなく欲深い。

んー……、だからと言って、それが悪いことだとは思わない。

プールサイドを、滑らないように小走りで行くように、

出来る範囲のことを、ひたすらにこなし、

進んでいきたいと思う。



コメント

タイトルとURLをコピーしました