「空の大怪獣 ラドン」

2005☆Brand new Movies

 

本当に、当時の東宝映画のミニチュア技術には頭が下がる。
今作で特筆すべきは、やはり、ラドンの衝撃波によって吹き飛ばされ、舞い上がる建物を表現した“巧さ”であろう。
ただ建物が爆発したり崩壊する映像は多々あるが、瓦の一枚一枚までが文字通り“吹き飛んで”いく様はなかなか見たことがなく、見事の一言に尽きる。
一転して、ラドンの操作ワイヤーが思いっきり見えたりするが、そのへんはご愛嬌というところだろう。

とにもかくにも、改めて、当時の特撮技術の偉大さが伺える。現在の日本映画の特撮に足りないものは何なのか?

それはハリウッド等に対して明らかに劣る製作費などではない。技術力の低迷ということでもない。
つまるところ欠けているのは、“工夫する”ということだろう。

与えられた条件で、どこまで妥協を許さずに表現するか。必要なのは、“工夫”であり“想像力”だ。
そしてそれは、特撮映画に限らず、すべてのジャンルの映画に共通することだ。

そのことを、古き偉大な東宝映画は、今なお力強く示し続けている。

「空の大怪獣 ラドン」
1956年【日】
鑑賞環境:DVD
評価:7点

コメント

タイトルとURLをコピーしました