愛想笑い

「今」が、若いのか、そうでないのか、このところ特によく分からないが。

昔から、何かに「葛藤」することが多い。

シゴト上、必然的に愛想笑いを求められる。

「それ」自体が、どうしても苦痛というわけではない。

ただ、それを繰り返すあまり、本当に嬉しくて笑っている時に、

「これは本当に本心から笑っているのか」

と、自分自身に疑問を持ちそうな事が、怖い。

そうして、次第に愛想笑いがひきつる。

なんだか、嫌になってくる。

本当に必要なのか、そんなことが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました