「アンダルシア 女神の報復」

2012☆Brand new Movies

 

映画の終盤、心身ともに疲弊し、化粧が薄れていくほどに顔立ちがよりシャープになり、エッジが効いた美貌が露になる黒木メイサが印象的。
彼女のルックスは、日本人女優の中ではやはり異質で、それ故になかなか雰囲気にマッチする映画に恵まれてこなかったと思う。
そんな彼女の美貌が違和感なくマッチするロケーションを実現し、映画世界に息づかせたことが、この国産娯楽映画が一定のクオリティーまで達していることを示す顕著な例だと思う。

何せ前作「アマルフィ」があまりに酷い映画だったので、それを観た殆どすべての人が、この続編の公開に対して冷笑を禁じ得なかっただろう。
明らかな“駄作”の二番煎じをして、一体誰が得するのだろうかと、この国の映画製作システムの奇妙さに辟易してしまっていた。
同じ製作スタッフに、当然同じ主演俳優、前作同様に某キー局のプロモーションの過剰さばかりが目につく“ザ・テレビ映画”としての存在感の強さ。この流れで、まさか一寸でも「面白い」と思える映画が生まれるなどとは夢にも思わなかった……。

そう、この映画、なんだか意外と「面白い」。

突き詰めていけば、前作同様に大味な展開の中に突っ込むべき「粗」は尽きない映画ではある。
けれど、そういう粗に対して目をつぶっても良いと思える程に、映画として面白い部分も充分に在る。
意味不明な程に冗長で陳腐だった前作に対して、演出的な巧さは劇的に向上していて、映画ならではの巧みさも所々で見られる。
更には冒頭に記した通り、ヒロインの美しさもきっちりと映画の中に組み込まれている。

部分的だったとしても、良いアクションシーンがあって、主人公のキャラクターにも愛着が備わって、映画的な面白味もあって、女優が美しいのならば、娯楽映画として何の問題もないじゃないかと思える。

決して「良い映画」だとは言わない。ただ間違いなく「悪い映画」ではない。
完璧な駄作からの見事な“巻き返し”。このあまりに想定外な製作陣の「成長」は、日本の映画ファンとして嬉しく、賞賛に値する。

このクオリティーをキープし超えていけるのならば、シリーズ化も大いに結構!

 

「アンダルシア 女神の報復」
2011年【日】
鑑賞環境:DVD
評価:6点

コメント

タイトルとURLをコピーしました