「ボーン・レガシー」

2012☆Brand new Movies

 

アクション映画として“見所”は確実にある映画だとは思う。しかし、あまりに”巧くない”映画であるということも確実に言え、故に著しく面白味に欠ける映画に仕上がってしまっている。

“ボーンシリーズ”は好きだったし、主人公に抜擢されたジェレミー・レナーは昨今の再注目株だし、レイチェル・ワイズは大ファンだし、エドワード・ノートンの絡みにも期待していた。
が、終わってみると、すべてが「中途半端」という言葉に尽き、“本筋”には遠く及ばない「番外編」という印象に終始した。

敗因は色々あろうが、序盤から最も気になったのは、テンポの悪さだ。
“ボーンシリーズ”は、決してド派手なだけの描写に頼らないスピーディーでリアルなアクションシーンが魅力だったが、アクションシーンの質そのものは一定の水準を保ってはいるものの、全体的なテンポがあまりに鈍重で間延びしてしまっている。

更には、組織に追われる主人公がヒロインと共に逃避行を繰り返すという、お決まりであまりに工夫の無いストーリーテリングが、退屈さに拍車をかける。
アクションシーン自体も、他の映画で何度も観たことがあるようなシーンが繰り返されるばかりで、目新しさがまるで無かった。

そしてストーリーそのものは単純なのだろうが、作戦名等の専門用語が無駄に羅列されたり、所属がよく分からない存在感の薄い登場人物が続々と登場したり、ふいに過去の描写が挿入されたり、“ボーンシリーズ”とのリンクが無意味に強調されたりと、ストーリー構成をいたずらに難解にしているように思えてならなかった。

脚本家出身の監督なのだから、アクションシーンの多少の劣化はまだしも、ストーリーそのものがあまりに稚拙なことには、言い訳の余地はないと思うし、“ボーンシリーズ”を描き出した人だけに残念な限りだ。
もしこのまま再シリーズ化しようというのならば、再び脚本家に専念することをお勧めする。

 

「ボーン・レガシー The Bourne Legacy」
2012年【米】
鑑賞環境:映画館(字幕)
評価:4点

コメント

タイトルとURLをコピーしました