空白の7月

8月になってしまった。

月日の経過の早さは留まることを知らず、もはや笑うっきゃない。

んで。ちょっと気づいて愕然としたことがある。

なんと。6月27日に観た「DEATH NOTE」以来一ヶ月余り、新しい映画をまったく観ていなかったーーー。

7月は丸々映画を観ていないわけで。こんなことは、この5、6年まったく無かったことだ。

まあ「最近観てないな」という自覚は当然あった。観たい映画が無かったわけではない。新旧問わず観たい映画というものは常にある。

が、なんとなく「映画を観よう」という気分になれない日々が続いたのは確かだ。

「映画を観る」という行為には、ある程度の集中力が要る。

僕の場合、鑑賞の途中で止めて後で観る~とか、途中で寝てしまう~なんてことは極力(というか絶対)避けたいので、確実にその映画を観るための集中力と時間を確保しなければならない。

さらに、その映画に対する「期待」が自分の中で高まるほど、精神的にも体調的にも“万全”の状態で観たくなるので、気分が乗らなければ必然的に先延ばしになってしまう。そして「観たい!」というピークが過ぎると、更に先延ばしになるのだ。

というわけで、今日は「映画の日」。ほぼ一ヶ月ぶりに映画を観に行くことにした。

当然ながら観たい映画が溜まっているので、ひさしぶりに「3本立て」に臨んだ。

選んだのは日本映画だらけのこの3本↓↓↓

「日本沈没」

「ゲド戦記」

「ハチミツとクローバー」

大パニック&二世アニメ&青春ロマンス、バラエティーに富んだこれらの映画レビューは、こちらも一ヶ月ぶりの「スバラシネマ」→http://yaplog.jp/awoi-sekai/で!!

追伸:今回から「スバラシネマ」は評価点に関わらず全ての鑑賞作についてレビューしていくことにしたらしい。たぶん。


Unknown

一ヶ月ずっと待ってました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました