「ボルト」

2012☆Brand new Movies

 

「犬が主人公のアニメ映画ってのはあまり目新しさが無かろう」というのが、この映画が劇場公開された当時からレンタルショップで旧作として並んで久しい現在に至るまでの唯一の印象だった。
故に、いくら低迷していたディズニーが絶好調のピクサーを完全小会社化した心機一転の快作という情報を伝え聞いてもなかなか食指は動かなかった。
アニメーションのクオリティーの高さは例によって折り紙付きなのだろうとは思ったが、快活な犬の活躍を描いた幼稚なファミリー向け映画なのだろうと高をくくっていた。(未だかつて、ディズニーやピクサーの映画が完全に“幼稚”だったためしなど殆どないのだけれど……)

前置きはこれくらいにして、結論を言おう。
もうね、最高としか言いようがない。これまた素晴らしいエンドロールを観ながら、「最高!ボルト!」と高らかに声を上げたいくらいだった。

個人的に“犬好き”なので、涙腺が緩んだポイントなどは挙げればきりがない。
ブロックバスター映画顔負けの劇中映画を描いたオープニングで、主人公ボルトが飼い主の少女を綱で引いてハイウェイを激走するシーンはもとより、その前のプロローグ場面から涙腺は緩みっぱなしだった。

そんな“犬好き”を惹き付けることなんてことは、この映画にとっては朝飯前のことだったように思える。
今作において最も特徴的で素晴らしいことは、“犬を犬として描き切っていること”だと思う。
他の多くのディズニー映画と同様に、今作においても動物たちは生き生きと喋る。しかし、それはあくまで動物間でのやり取りに限られており、必要以上に擬人化はされていない。
主人公の飼い主の少女をはじめ、登場する人間からは犬は犬、猫は猫、ハムスターはハムスターとしか見えておらず、きちんとそういう描かれ方がされている。
今までもそういう設定のアニメ映画は多々あったろうが、この映画で描かれている世界観は、あくまで人間社会の中で生きる動物たちのお話であり、動物が動物らしく描かれていることが、紡ぎ出されるドラマ性をより効果的に高めている。
それは、クライマックスで主人公が愛する飼い主を救い出すシーンのちょっと驚くくらいの「地味さ」を観ても明らかだ。

娯楽映画として単純な見た目の盛り上がりの乏しさに対して不満を漏らす人もいるのかもしれないが、この映画におけるその徹底した「犬の犬らしさ」こそが、ディズニーの動物映画としては珍しいほどのリアリティ感を生んでいると思う。

この当たり前のように言っている「犬を犬らしく描き出す」というアニメ表現を、さも当然のように成し遂げているディズニー・ピクサーの圧倒的な技術力と表現力に、改めて舌を巻いた。
それぞれのキャラクターの立たせ方、伏線を生かした小気味良い展開力、脚本自体が巧いとしか言いようがなく、それがこの魔法のようなアニメーション技術によって形作られているわけだから、面白くないわけがない。

前述の通り“犬好き”で簡単に涙腺が緩んでしまうので、逆に「犬映画」は積極的に観ないし、あまり好きではなかったりもする。
だからこそ敢えて言いたい、この映画こそ史上最高の「犬映画」だと。

 

「ボルト Bolt」
2008年【米】
鑑賞環境:Blu-ray(字幕)
評価:9点

コメント

タイトルとURLをコピーしました