「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」映画レビュー “「最高³」過ぎて、何も言えねえ”

SPIDER-MAN: NO WAY HOME2022☆Brand new Movies

SPIDER-MAN: NO WAY HOME

評価: 10点

Story

親愛なる隣人として、NYを守り続けてきたスパイダーマン。しかしミステリオによって世界中にその正体を明かされてしまったピーター・パーカー。もう親愛なる隣人ではいられない。マルチバースの扉が開かれ、過去の「スパイダーマン」シリーズのヴィラン達が、襲いかかる。 公式サイトより

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告1
🎞予告編🎞注目ポイント🔍0:03 MJが読んでいるニューヨーク・ポストにもスパイダーマンのゴシップが…0:16 J・ジョナ・ジェイムソンの報道がピーターを追い詰める<スパイダーマンは社会の敵!>0:20ピーターが着ているTシャツは『スパイダーマン:ホームカミング』でベルリンから帰って来た時に着ていたもの。0...

 

Review

<<超ネタバレが抑えきれません!!>>

 

 

 

“この”「スパイダーマン」シリーズのタイトルに、3作続けて用いられてきた「Home」というワードの意図。
それは即ち、この物語の主人公の“少年”には、帰るべき“Home”があり、“Home”に守られていたということ。
そして、彼はついに自身の運命に課せられた「力」の大きさと、それに伴う「責任」の大きさを痛感し、受け入れ、一人“Home”を旅立つ。
或る一人の“少年”が、力を得て、偉大なヒーローたちと共に世界を幾度も救った後に、“大人”になる。それが、トム・ホランドが演じた“ピーター・パーカー”の物語であり、“スパイダーマン”だった。

「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」で、アベンジャーズに“ルーキー”として初参戦したスパイダーマンは、まさしくフレッシュで、決裂の重々しい空気感に包まれたヒーローたちの中で確固たる重要な“娯楽性”だった。それを演じるトム・ホランドの若々しいスター性も魅力的だった。

だがその一方で、トム・ホランド版スパイダーマンとしての新シリーズ化に対しては、個人的に“モヤモヤ”した気持ちが拭えなかった。
その理由は明確だ。僕は、2000年代に誕生した“2人のスパイディ”が大好きだったからだ。そしてその各シリーズにおける消化不良な結末(打ち切り)に対して、ずっと“満たされない”ままだったからだ。

特に、マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演の「アメインジング・スパイダーマン」シリーズは、「2」におけるあまりにも悲痛で衝撃的な顛末も含めて、今なおアメコミ映画史に残る傑作だったと確信している。
がしかし、あの「悲劇」の後に製作される予定だった完結編が日の目を見なかったことは、それこそが「悲劇」だったと思う。

ただそれでも、MCUにおけるトム・ホランド版スパイディは、その立ち位置の価値と魅力を放ち続け、ジョン・ワッツ監督による単独のシリーズ作も快作続きだった。
アンドリュー・ガーフィールド版、そして現在のアメコミヒーロー映画ブームの礎ともなったサム・ライミ監督によるトビー・マグワイア版の“2人のスパイディ”に負けず劣らずの愛着を深められていたと思う。

そういうわけで、故・トニー・スタークの後継者としても、トム・ホランド版スパイディの成長を見届けようと本作に臨んだ。
ドクター・ストレンジと共に“マルチバース”の世界観に突入し、“次元”を超えた過去のスパイダーマンシリーズのヴィランたちが大集合するという“事前情報”は、それだけで高揚感が極まった。

そう、それだけで、この映画は「最高」だったのだ。

しかし、それ以上の“スペシャル”が本作には用意されていた。
“2人のスパイディ”がワープゲートをくぐり抜けてやってくる。
まさか、まさか、まさかの「最高」の3乗。映画館のシートで、思わず「やば…!」「すご…!」と連続で呟いてしまい、感嘆が止まらなかった。

トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドの両俳優が、それぞれ現在の姿で、時を経た“ピーター・パーカー”を再演する。
彼らが、自身のスパイダーマンとしての経験と悲しみを踏まえて、かつての自分たちと同様に悲痛と絶望に沈む若きスパイディを導き、救う。
そして、その“スパイダーマンズ”による「共闘」の中で、先輩スパイディたち自身も、それぞれの運命(シリーズ)の中で、我々映画ファンと同様に消化しきれていなかった“思い”に禊をつけていく。

何というドラマティック、そして何という映画的奇跡。
まさに次元と時間を超えた、ストーリーの収束とカタルシスに、涙が止まらなかった。

3本の強靭な蜘蛛の糸が縦横無尽に交錯し、多層的な幾何学模様形成していく。そのさまは、複雑で果てしない“マルチバース”の世界観の深淵を描き始めるに当たって、あまりに相応しい。

 

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」<9点>
ほとんど無意識レベルで感じていた“ニック・フューリー”まわりの「違和感」を、きっちりと収束してみせるお約束のポストクレジット・シーンを目の当たりにして、「ああ、MCUは終わらないんだな」と、感嘆と安堵を覚えた。 「エンドゲーム」の…more
「スパイダーマン:スパイダーバース」<8点>
アメコミ映画最盛期の現在において、「スパイダーマン」こそがそのムーブメントの発端だったと思う。 2002年のサム・ライミ監督による「スパイダーマン」の成功を皮切りに、数多のコミックのスーパーヒーローたちが実写化され、それぞれの物語…more
「アメイジング・スパイダーマン2」<9点>
<<ネタバレ注意>> 時計台の歯車が崩れ落ちる中、勢いよく飛び出した蜘蛛の糸が、ヒロインを救うために伸びる。 この“スーパーヒーロー”のどの作品にも描かれているお決まりのシーンの筈だが、“糸の…more
おヒサシネマ!「スパイダーマン」
「エンドゲーム」を経てもなお、今年もまた「スパイダーマン」の最新作は公開される。 この“親愛なる隣人”が、時代と世代を経てもなお最も世界中から愛されるスーパーヒーローであるということを揺るがない。 そして、このヒーローのみならず…more

 

Information

タイトルスパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム SPIDER-MAN: NO WAY HOME
製作年2021年
製作国アメリカ
監督
ジョン・ワッツ
脚本
クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
撮影
マウロ・フィオーレ
出演
トム・ホランド
ゼンデイヤ
ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ファヴロー
ジェイコブ・バタロン
マリサ・トメイ
アルフレッド・モリナ
ウィレム・デフォー
ジェイミー・フォックス
トニー・レボロリ
鑑賞環境映画館(IMAX・字幕)
評価10点

 

Recommended

 

画像引用:https://www.spiderman-movie.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました