「アイアン・ジャイアント」

2011☆Brand new Movies

 

謎の巨大ロボットと少年との心の交流を描いたどストレートなアニメ映画だった。
新鮮味はなく、ありきたりと言ってしまえばその通りだけれど、王道的な映画世界を堂々と描き切った“巧い”映画だと思った。

ありふれたお話だが、まずストーリーの転じさせ方が巧い。序盤の何気ない描写がしっかりとクライマックスやラストの伏線となり、ちゃんと惹き付けてくれる。
時代背景が冷戦構造のまっただ中だったり、主人公の少年の父親はおそらく戦死していたりと、テーマである「戦争反対」が決して押し付けがましくなく、心温まるストーリーの中ですんなりと入ってくる。

監督は現在公開中の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のブラッド・バード。
他にも「Mr.インクレディブル」も監督しており、とても「娯楽」を描くことに秀でた人だと思う。
娯楽映画こそ、作り手の才能が大いに影響されるジャンルだということを改めて感じた。

映画は、アニメ映画らしく心地よいラストで締められる。素直に「ああ、良かった」と思った。

 

「アイアン・ジャイアント The Iron Giant」
1999年【米】
鑑賞環境:DVD
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました