「ピラニア(ピラニア3D)」

2011☆Brand new Movies

 

ラストシーン、いや“ラストカット”を目にした瞬間、この映画は絶対的に低俗で馬鹿馬鹿しい“愛すべきB級モンスター映画”の一つとして、僕の脳裏に住みつくことと相成った。

今さら「ピラニア」なんてタイトルのモンスターパニック映画のパッケージを見たところで、普通なら食指は伸びない。
ジャケットのイラストの仰々しさだけに注力したC級以下映画だろうとスルーすることが定石である。
しかし、某ラジオ番組のPodcastでやけに評価が高かったことで記憶に残り、陳列されていたパッケージを手に取った。

湖で繰り広げられるフェスタで浮かれまくり、乳と尻を振りまくる若者たちの“大群”が、古生代の凶暴過ぎるピラニアの“大群”に問答無用で襲撃され、お色気満載のボディがおびただしい“肉塊”へと無惨に変貌してしまうという、詰まるところ悪趣味極まりない映画である。

でも、エロくて面白いんだからしょうがない。

ビッグネームとしては、クリストファー・ロイドとリチャード・ドレイファスがキャスティングされいる。
両者ともちょい役だけれど、その配役にも映画ファンとしては実に軽妙なセンスを感じ堪らなかった。

 

「ピラニア Piranha」
2010年【米】
鑑賞環境:DVD
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました