「リトル・ランボーズ」

2011☆Brand new Movies

 

“なにか”に触れ、自分のその先の人生をかけるくらいに熱狂する。それは、すべての“男の子”に与えられた「権利」だ。
その熱狂が、たとえ盲目的で何かしらの弊害を生んだとしても、熱狂したその瞬間こそが彼らにとっての「宝物」であり、生きていく中でその価値はきっと揺るがない。

生活環境が全く異なった11歳の少年二人が、「ランボー」で共鳴する。
主人公二人の共通項が詩人のアルチュール・ランボーのことであればひどく退屈な映画に思えるが、シルベスター・スタローンの「ランボー」であることが映画の面白さを引き立てる。

厳格な信仰の元で育ちあらゆる娯楽を禁じられた少年が、悪たれだが映画が好きな少年に引き込まれ、嗜好を爆発させていく様が愉快で解放感に溢れている。
個人的に、かつて映画製作を志していた時期があるので、少年たちが喜びを爆発させるように映画づくりに没頭する様を観ているだけで、この映画を否定することなどできなくなる。

主人公たちそれぞれの境遇の中途半端さや、少々意味不明な交換留学生のフランス人の存在感に対して、この映画が求める抑揚に乗り切れない部分もあった。
ただそういう難点を補ってあまりある“輝き”がある映画であることは間違いない。

 

「リトル・ランボーズ SON OF RAMBOW」
2007年【英・仏・独】
鑑賞環境:DVD
評価:7点

コメント

タイトルとURLをコピーしました