「すばらしき世界」映画レビュー “空の広さに感じる、救いと残酷と”

すばらしき世界2021☆Brand new Movies

すばらしき世界

評価: 10点

Story

下町の片隅で暮らす三上(役所広司)は、見た目は強面でカッと頭に血がのぼりやすいが、まっすぐで優しく、困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯だった。社会のレールから外れながらも、何とかまっとうに生きようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)が番組のネタにしようとすり寄ってくる。やがて三上の壮絶な過去と現在の姿を追ううちに、津乃田は思いもよらないものを目撃していく……。 Filmarksより

映画『すばらしき世界』本予告 2021年2月11日(木・祝)公開
名優:役所広司×世界が絶賛する監督:西川美和(『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』)初タッグ!実在した男をモデルに「社会」と「人間」をえぐる問題作。■ストーリー下町の片隅で暮らす短気ですぐカッとなる三上は、強面の見た目に反して、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で暮らした...

 

Review

<<ネタバレあり>>

 

この映画に登場する人物のほぼ全員は、主人公・三上正夫(役所広司)に対して、悪意や敵意を示して接することはない。
むしろ皆が、偽りなき「善意」をもって彼に接し、本気で彼の助けになろうとしている。
そして、三上自身も、その善意に対し感謝をもって受け止め、“更生”することで応えようと、懸命に努力している。
その様は、「やさしい世界」と表現できようし、この映画のタイトルが示す通り、「すばらしき世界」だと言えるだろう。

でも、それでも、この世界はあまりにも生きづらい。
その、ありのままの「残酷」を、この映画は潔くさらりと描きつける。
西川美和という映画監督が表現するその世界は、いつも、とても優しく、そしてあまりに厳しい。

 

僕自身、ようやくと言うべきか、早くもと言うべきか、兎にも角にも40年の人生を生きてきた。
平穏な家庭に育ち、平穏な成長を経て、そして自らも平穏な家庭を持っている。
決してお金持ちではないし、生活や仕事において不満やストレスが全く無いことはないけれど、今のところは「幸福」と言うべき人生だと思う。

だがしかし、だ。
その平穏という幸福を自認し噛み締めつつも、僕自身この世界における“生きづらさ”を否定できない。
人並みにアイデンティティが芽生えた少年時代から、40歳を目前にした現在に至るまで、「生きやすい」と感じたことは、実はただの一度も無いかもしれない。
人の些細な言動に傷つき怒り鬱積を募らせ、僕自身も“本音”を吐き出す程に周囲の人間を困らせたり、怒らせたり、傷つけたりしてしまっている。
どんな物事も思ったとおりになんて進まないし、「失敗」に至るための「行動」すらできていないことが殆どだ。
自分自身の幸福度に関わらず、人生は失望と苦悩の連続で、この世界はとても生きづらいもの。
それが、殆ど無意識下で辿り着いていた、現時点での僕の人生観だったと思う。

そしてそれは、この世界に生きるすべての人たちに共通する感情なのではないかと思う。
そういった個人の閉塞感を、この世界の一人ひとりが持たざる得ないため、その負の感情は縦横無尽に連鎖し、社会全体が閉塞感に包まれているように感じる。

この映画で西川美和監督が、社会に爪弾きにされた前科者の男の目線を通じて描き出したことは、決して一部の限られた人間の人生観ではなく、この世界の住人一人ひとりが共有せざるを得ない“痛み”と一抹の“歓び”だったのだと思う。

確かに、この世界はすばらしい。
美しい光に満ち溢れているし、エキサイティングで、エモーショナルで、ただ一つの命をまっとうするに相応しいものだ。少なくとも僕はそう信じている。

そんな世界の中で、人は皆、誰かに対して優しくありたいし、誰しも本当は「罪」など犯したくはない。
それでも、結果として「罪」が生まれることを避けられないし、すべての人が無垢な「善意」のみで生きられるほど、人間は強くない。
この映画の登場人物たちは皆優しい人間だと思うけれど、主人公に対する「善意」の奥底には、それぞれ一欠片の「傲慢」が見え隠れする。
取材をするTVディレクターも、身元引受人の弁護士とその妻も、スーパーの店長も、役所のケースワーカーも、ヤクザの老組長も、心からの善意で主人公を助けているけれど、同時にその心の奥底では彼のことをどこか見下し、自分の優位性を感じていることを否定できない。

無論、だからと言って、彼らを否定する余地などはどこにもない。
彼ら自身も、この生きづらい世界の中で、自分の心の中で折り合いをつけながら、必死に生きているに過ぎないのだから。

 

自分の感情に対して「正直」に生きることしかできない主人公は、それ故に少年時代から悪事と罪を重ね、人生の大半を刑務所内で過ごしてきた。
理由がどうであれ、犯した罪は擁護できないけれど、誰にとっても生きづらいこの世界が、益々彼を追い詰め、ついには自分自身で、文字通り心を押し殺さざるを得なくなっていく様を目の当たりにして、悲痛を通り越して心を掻きむしられた。
それは、単なる暴力による報復などとは、比べ物にならないくらいに残酷な業苦を見ているようだった。

ラストシークエンスの帰り道、どこか都合よくかかってきたように見える元妻からの電話による多幸感は、果たして「現実」だったのだろうか。
そして、とある人物から貰った秋桜を握りしめ、最期の時を迎えた主人公の心に去来していた感情は、如何なるものだったのだろうか、救済だったろうか、贖罪だったろうか、悔恨だったろうか。
僕自身、様々な感情が渦巻き、鑑賞後数日が経つがうまく整理がつかない。

 

空が広く見えた。
人間は、この「すばらしき世界」で、ただそれのみを唯一の救いとすべきなのか。

 

「ゆれる」
実のところ、こういうじっとりとした暗さを終始携えた映画は得意ではない。が、この作品に対しては「なんて面白い映画だろう」と思った。 “ゆれる”吊橋から端を発した二人の兄弟の心の“ゆれ”を、これ以上ない繊細で緻密な人間の心理描…more
「永い言い訳」映画レビュー “「後悔先に立たず」と後悔できたら、まだいいのですが”
「後悔先に立たず」とは言うけれど、何かが起きて、すぐさま後悔できたのなら、それはまだ健全で幸福なことなのかもしれない。後悔すらもすぐにできなくて、永い時間と、永い言い訳を要する。人間の人生なんてものは、往々にして無様で、愚かだ。(映画「永い言い訳」レビュー・ネタバレ批評・感想)

 

Information

タイトルすばらしき世界
製作年2021年
製作国日本
監督
西川美和
脚本
西川美和
撮影
笠松則通
出演
役所広司
仲野太賀
六角精児
北村有起哉
白竜
キムラ緑子
長澤まさみ
安田成美
梶芽衣子
橋爪功
鑑賞環境映画館
評価10点

 

Recommended

 

画像引用:

コメント

タイトルとURLをコピーしました