「新感染半島 ファイナル・ステージ」映画レビュー “思ってたんと違うゾンビ映画”

新感染半島2021☆Brand new Movies

新感染半島

評価: 5点

Story

パンデミックが半島を襲ってから4年後。香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。任務とは、チームを組み制限時間内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。チームはウィルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れるも、突如としてユニット631と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジュンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり・・・。 Filmarkより

【公式】『新感染半島 ファイナル・ステージ』本予告 2021/1/1<元旦>公開
映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』  2021年元旦公開!!!!!『新感染 ファイナル・エクスプレス』から4年後の世界アフター・パンデミック――完全封鎖された<半島>の運命は?現代の閉塞感を打ち破る全世界待望のノンストップ・サバイバ...

 

Review

娯楽映画として、“楽しい”映画ではあったと思う。ただし、「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編として期待したならば、楽しみきれない。

前作は、韓国という国の社会性や人々の人間性を踏まえつつ、このジャンルの映画に相応しい「風刺」を併せ持ったゾンビ映画の傑作に仕上がっていた。列車を舞台にすることによる“パニック”の上乗せ加減も見事だったと思う。
しかし、この続編は、その後の世界を描きつつも、映画的なテイストはリセットされ、まったく別物の映画として作られていた。
前作が持っていた“韓国製ゾンビ映画”としてのフレッシュさを期待していた者としては、正直「思ってたんと違う」感は否めない。

文字通りの「地獄」に取り残された人間たちの狂気と、そこから生まれる恐怖やさらなる絶望を娯楽映画として描き出そうとした試み自体は興味深かったけれど、その世界観の作り込みがありきたりで希薄だったことが、「別物」の映画としても楽しみきれなかった要因だろう。

また、登場するキャラクターの一人ひとりは個性的で魅力的な要素を持っていたと思うけれど、それらをストーリー的にあまり活かしきれておらず、中途半端な人物描写に終始してしまっているとも感じた。

人がゾンビ化するウィルスの蔓延を止めることができず、4年間放置され、韓国国内のみマッドマックス的に崩壊しているという設定は豪胆で潔い。
北緯38度線(南北境界線)により、北朝鮮から先の大陸には感染が広がっていないという設定も無茶苦茶ではあるが、娯楽映画としては許容範囲だろうし、原題「Peninsula(半島)」が表す意図も際立っていると思う。

もう少しその「半島」というテーマが孕むこの国の特異性や、ある意味での孤立感みたいなものを、ストーリーに盛り込むことができていれば、このシリーズの続編としても、ゾンビ映画としても相応しい批評性が生まれたのではないか、と思う。

 

「新感染 ファイナル・エクスプレス」<8点>
「ゾンビ映画」×「韓国映画」 この食い合わせはとてもよく合いそうだが、これまで著名な作品が殆ど生まれてこなかったことが意外である。 韓国映画のクオリティの高いアクション・バイオレンス描写や、特有のドライさを携えた客観性や批評性、…more

 

Information

タイトル新感染半島 ファイナル・ステージ PENINSULA
製作年2020年
製作国韓国
監督
ヨン・サンホ
脚本
ヨン・サンホ
撮影
チョン・ギウォン
イ・ヒョンドク
出演
カン・ドンウォン
イ・ジョンヒョン
イ・レ
クォン・ヘヒョ
キム・ミンジェ
ク・ギョファン
キム・ドユン
イ・イェウォン
鑑賞環境映画館(字幕)
評価5点

 

Recommended

 

画像引用:

コメント

タイトルとURLをコピーしました