おヒサシネマ!「パラサイト 半地下の家族 モノクロ Ver.」 “この顔面に世界がひれ伏した”

パラサイト半地下の家族モノクロ2021☆Brand new Movies

パラサイト半地下の家族モノクロ

評価: 10点

Story

過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン… しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“ 半地下住宅”で 暮らす貧しい4人家族だ。 公式サイトより

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

Review

2021年の映画初めは、昨年2020年の実質的な“No.1”作品だった大傑作韓国映画の1年ぶりの再鑑賞。
“モノクロ Ver.”なるものがNetflixで配信されていたので、また違った趣向でこの大傑作を堪能することができた。
モノクロームの映像世界により、この作品が持つ「闇」がより一層にくっきりと際立っていた。

半地下家族による“ケイパームービー”的な序盤の娯楽性から、ある出来事をきっかけに一気に展開されるこの映画の狂気と凶暴性、そしてこの社会そのものの「闇」の表現が、やはり圧倒的だった。
恐ろしく、おぞましく、居心地の悪さもあるが、問答無用に「面白い!」映画的なパワーは、この先何度観ても圧巻だろうと思う。

演じる韓国の俳優陣は皆尽く素晴らしい。
コメディ、サスペンス、スリラー、と大きく波打つストーリーテリングの中においても、俳優たちの実在感がしっかりと際立ち、現代社会を映し出す人間ドラマとして成立させている。

その中でも特に素晴らしいのは、やはりソン・ガンホだ。
韓国映画界が誇るこの名優の顔面力は、この映画により文字通り国際的な「顔」となっただろう。

 

「パラサイト 半地下の家族」映画レビュー “僕たちの無計画な計画はいつから始まっていたのでしょうか?”
映画「パラサイト 半地下の家族」レビュー・ネタバレ批評・感想  本当に裕福な者たちは、自らが“上流”に居ること自体の意識がない。“下流”に住む貧しい者たちの存在などその認識から既に薄く、蔑んでいることすら無意識だ。

 

Information

タイトルパラサイト 半地下の家族 Parasite
製作年2019年
製作国韓国
監督ポン・ジュノ
脚本ポン・ジュノ
ハン・チンウォン
撮影ホン・ギョンピョ
出演ソン・ガンホ
イ・ソンギュン
チョ・ヨジョン
チェ・ウシク
パク・ソダム
イ・ジョンウン
キム・チュンスク
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価10点

 

Recommended

Netflix

画像引用:https://www.netflix.com/jp/title/81336373

コメント

タイトルとURLをコピーしました