おヒサシネマ!「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」“雑な謀略にまんまとハマるヒーローたちの悲哀”

シビル・ウォー久々鑑賞☆おヒサシネマ!

シビル・ウォー

評価: 9点

Story

世界の危機を救ってきた“アベンジャーズ”が、国連の管理下に置かれることを巡り、激しく対立するアイアンマンとキャプテン・アメリカ。さらに、ウィーンで起こったテロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが指名手配された。それを機に、“アベンジャーズ”はついに分裂する。スパイダーマンも参戦し、世界を揺るがす“禁断の戦い(シビル・ウォー)”がはじまる―友情によって引き裂かれた彼らの行方は?
そして、驚愕の結末とは…。 Amazonより

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』日本版予告編
マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。アベンジャーズのメンバー同士でもあるキャプテン・アメリカとアイアンマンの対立を、あるテロ事件と絡めて活写していく。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に引き続き、監督はアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ。キャ...

 

Review

引き続き、MCUスピンオフドラマシリーズ「エージェント・オブ・シールド」を制覇中の“逆番外編的”な映画作品鑑賞。

ストーリーの性質上、重々しくならざるを得ない展開において、様々なアイデアと大胆なストーリーテリングによるエンターテイメントのバランスが何度観ても秀逸。
“チーム決裂”の決定的な場面を、「新人」も交えた見事な“大合戦”に仕上げた手腕が、監督を務めたルッソ兄弟の評価を決定づけたと思う。

そんな中で、キャストとして光るのは、表題的には主人公であるキャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)を演じたクリス・エヴァンスというよりも、彼と文字通り「対峙」するアイアンマン(トニー・スターク)ことロバート・ダウニー・Jrだなあと改めて思った。

ヒーローとしての理想を振りかざすスティーブ・ロジャースに対して、本作のトニー・スタークは決しておいしい役どころではない。
「エイジ・オブ・ウルトロン」での“大失態”に対する贖罪の思い、そして両親の死の思い出に対する悔恨が入り混じり、ひたすらに鬱積している。

並のヒーロー映画の主人公俳優であれば、微妙な立ち位置の役どころを持て余してしまうところだろうが、流石は名優、嫌味や葛藤を含めてヒーローとしての苦悩を見事に演じきっている。
ロバート・ダウニー・Jrによるトニー・スタークの苦悩が最後の最後まで貫かれているからこそ、結局収束しなかった「決別」による喪失感が、ドスンと心に残る仕上がりになっていると思う。

 

Information

タイトルシビルウォー/キャプテン・アメリカ CAPTAIN AMERICA: CIVIL WAR
製作年2016年
製作国アメリカ
監督
アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
脚本
クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
撮影
トレント・オパロック
出演
クリス・エヴァンス
ロバート・ダウニー・Jr
スカーレット・ヨハンソン
セバスチャン・スタン
アンソニー・マッキー
ドン・チードル
ジェレミー・レナー
チャドウィック・ボーズマン
ポール・ベタニー
エリザベス・オルセン
ポール・ラッド
トム・ホランド
鑑賞環境インターネット(字幕・Disny+)
評価9点

 

Recommended

Amazon.co.jp | シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - クリス・エヴァンス, ロバート・ダウニーJr., スカーレット・ヨハンソン, セバスチャン・スタン, アンソニー・マッキー, アンソニー AND ジョー・ルッソ
Amazon.co.jp | シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX DVD・ブルーレイ - クリス・エヴァンス, ロバート・ダウニーJr., スカーレット・ヨハンソン, セバスチャン・スタン, アンソニー・マッキー, アンソニー AND ジョー・ルッソ

画像引用:https://amzn.to/3giQDH7

コメント

タイトルとURLをコピーしました