「アマルフィ 女神の報酬」

2011☆Brand new Movies

 

某キー局の開局何十周年記念か何だかで、日本映画とすれば「巨費」をかけたと言える今作。
オールイタリアロケが功を奏し、全編通して一定の“雰囲気”はある映画だと思う。無駄に長い気もするが、サスペンスのテンポ自体は悪くはなかったと思う。

主演の織田裕二の演技なんて端から期待していないので、珍しい「外交官」という役どころにも特別違和感は無かったと言える。

ただし、違和感は無い一方で、主人公が外交官である必要性をあまり感じなかった。
原作を読んでいないので何とも言い難いが、なぜ外交官である主人公があそこまで大立ち回りをしなければならないのか?そもそも彼は何者なのか?
主人公のキャラクター性自体の描き方があまりに不十分なまま物語は終結してしまい、ストーリーに入り込めなかった。

ストーリー自体も、一応の整合性は保っているけれど、配役その他から“オチ”は終始見え隠れするので、サスペンスによるカタルシスは得られなかった。

描かれなかった主人公のキャラクター性の謎、主人公がちょこちょこ電話する相手に中井貴一を声だけ出演させるなど、某キー局の相変わらずのビジネス戦略が随所に見られる映画だ。

 

「アマルフィ 女神の報酬」
2009年【日】
鑑賞環境:TV
評価:4点

コメント

タイトルとURLをコピーしました