「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

2010☆Brand new Movies

 

映画、特に娯楽映画においてはっきりと言えることが一つある。
それは、観る者のそれぞれの感受性と価値観によって、一つでも「印象」に残る要素があれば、その映画の価値は揺るがないということだ。

この映画には確実に“それ”がある。それがある以上この映画を否定することなんて出来ない。

それは、日本映画界で考えられる最大限のレベルで実現させた宇宙戦艦の発進シーンでも、
良い意味でも悪い意味でも“木村拓哉らしい”ヒーロー像ぶりでもなく、
ずばり“ヒロイン”の魅力に他ならない。

そう、“森雪”を演じた黒木メイサが素晴らしかった。

映画や漫画において時折、堪らなく魅力的なヒロインにめぐり会う。
そういうときは、その作品を観終わった後もしばらくの間、“彼女”のことばかり考えてしまう。
それはまさに、現実と創造の狭間に生まれるささやかな“恋”だと思う。

必ずしも黒木メイサの演技力が高いとは思わないし、原作を知らないので“森雪”というキャラクターに彼女が合致していたのかどうかも定かではない(おそらく随分違うんじゃないかと思う)。
ただそんなこと「どうでもいい」と思わせるほど、“黒木メイサの森雪”は魅力的で、木村拓哉の古代進と同様に彼女に恋し、守りたいと思ってしまった。

繰り返しになるが、世代が随分違うので、原作のアニメは見たことが無い。
原作を知らないからこそ楽しめた要素は多くあるのかもしれない。

基本設定は「スタートレック」にも似たこのSFエンターテイメントを、もしハリウッドが映画化したならそりゃあ大迫力のブロックバスター映画になったことだろう。

だが、この「宇宙戦艦ヤマト」の精神的な荒涼感や孤独感、奥ゆかしい情緒感は、やはり日本人が描くべき世界観だと思った。
映画としての粗や突っ込みどころは非常に多い。
ただそれでも、この映画を、日本人が一生懸命に挑戦してつくりきったことが、非常に重要なことだと思う。

まあそんなことより何よりも、僕にとっての“森雪”がとびきり可愛くイーッとして古代進を見送る。そのシーンがすべてだと言いたい。

ヒロインの漆黒の瞳から始まり、「未来」を見つめる彼女の姿を映し出して終わるこの映画において、その価値観は決して間違っていないと確信する。

余談になるが、某スキャンダル女優が降板したことが、今となっては「運命」だったとすら思う。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
2010年【日】
鑑賞環境:映画館
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました