「ローレライ」

2005☆Brand new Movies

 

キャスティングを見た時点で(フジテレビ製作ということも含め)、ある種テレビ的な“薄さ”が反映されてしまうのではないかという危惧が鑑賞前にあった。そしてそういうことが全く無い映画であるとは言えないとは思う。

しかし同時に、思った以上にひとつの映画として堂々と完成している映画だとも思う。
ローレライというアイデア、終戦間近という時代設定、日本人という国民性、日本人だからこそ描ける要素を巧みに絡み合わせた物語に魅力が溢れている。

大国の同ジャンルの映画に対して、製作費の規模の違いはどうやったって伺える。しかしそれは“=製作不可能”ということではない。その事実を今作のスタッフ&役者は力強く表現して見せたと思う。

 

「ローレライ」
2005年【日】
鑑賞環境:映画館
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました