「仁義なき戦い」

2004☆Brand new Movies

 

この映画を観たほとんどの人が感じることであろうが、とにかく、菅原文太が凄い。その物腰、啖呵、存在感に圧倒されっぱなしである。
日本映画において仁侠映画というジャンルの存在はとても大きいところであるが、その原点であり頂点であるのがこの「仁義なき戦い」であることを認識せずにはいられない。
「エネルギーに溢れた~」などという常套句では足りない、まさに血と肉に形作られた生々しいパワーがこの映画のすべてである。
クエンティン・タランティーノ、ジョン・ウーが崇めるわけだ。

「仁義なき戦い」
1973年【日】
鑑賞環境:DVD
評価:10点

コメント

タイトルとURLをコピーしました