「グエムル/漢江の怪物」

2006☆Brand new Movies

 

明らかな「モンスター映画」でありながら、その主眼はほとんどモンスター自体には当たらず、ひたすらな家族愛を中核に据え、シニカルなユーモアと社会風刺を加味したヒューマンドラマに仕上がっている。
米国の“モンスターパニック映画”や日本の“巨大怪獣映画”を想定してこの「モンスター映画」を観ると、少なからず面食らってしまうことは間違いないだろう。

かといって、登場するモンスター自体にもしっかりとインパクトはある。
水質汚染の突然変異的に誕生した~というのはかなりありきたりではあるが、その登場や動きの“描き方”は、これまでのモンスター映画の“パターン”に反旗をひるがえす様な、常軌の逸しかたを見せる。
笑ってしまうほどに“ぶさいく”なビジュアルにも賞賛を送りたい。

展開されるストーリーには、“陽”と“陰”が入り混じり、シンプルに“エンターテイメント”とはくくり切れない「感情」がほとばしる。
もちろん、そこには好みやこのジャンルについての固定観念が立ちふさがるので、一概に「面白い」とは言えない部分もあるにはある。

だが、一言に「モンスター映画」と言っても、国とその国民性の相違によって、これほどまでに独特で新しい「モンスター映画」が生まれるものか、と思う。
そして、そういう部分にこそ、映画が様々な国で作られ、それが様々な国で観られることの、意味と価値があると思うのだ。

「グエムル/漢江の怪物 The Host」
2006年【韓】
鑑賞環境:映画館
評価:7点

コメント

タイトルとURLをコピーしました