「ハチミツとクローバー」

2006☆Brand new Movies

 

うーむ。なんだか何度も繰り返しみたいになってくるが、「人気漫画の映画化」はものすごく困難がつきまとうもの。
ただその中でも幾分やりやすい部類かとも思っていた。少女漫画の映画化ならではの、原作キャラクターと実写俳優のイメージのギャップによる拒否感というものはどうやったって生じるだろう。が、美大を舞台にした青春ロマンスというストーリー性自体は、実写映画として構築しやすいと思った。

が……結果としてはものの見事に「失敗」してしまっている。

単行本数巻に渡って長い月日を描く原作を、2時間弱の尺で映画化するわけだから、ストーリー展開が原作といくらか変わってしまうことは、結果が良い悪いは別として仕方がない。
でもね。キャラクターの性格まで変えてしまっては、どうしようもなくなる。原作のある漫画の映画化である以上、それをしてしまっては映画として「破綻」していると言わざるを得ない。

少し踏み込んで指摘すると、竹本は“逃げ出す”ために走り出したわけではないし、森田はあんなにドライではないし、真山はあれほどヒクツな行動はしないし、山田はもっと芯が強い……etc。

そもそも叙情的なイメージを保つ原作なのだから、もっと忠実に映像化することができれば、それだけでそこそこ優れた映画になったように思う。
詰まるところは、やはり冒頭の言葉に尽きるわけで。「仕方ないな」という言葉に終始する。

やはり「漫画の映画化」の中でも「少女漫画」の場合、男キャラの“かわいくなさ”または“美しくなさ”に批判は集中するようだ。今回の場合はビジュアル的にはそれほど悪くなかったが、内面的なギャップの激しさが痛かった。

唯一にして評価点のすべての要因は、蒼井優のかわいさ。もうそれっきゃない。
個人的にはそこだけで映画館で観た甲斐はあった。と、思う。

「ハチミツとクローバー」
2006年【日】
鑑賞環境:映画館
評価:5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました