「タイフーン TYPHOON」

2006☆Brand new Movies

 

主演男優2人の“熱さ”だとか“気迫”は確かにあって、彼らの演じるキャラクター達はエネルギッシュではある。
しかしそれが、そのままキャラクターの魅力に直結しているかというとそうでもない。
今ひとつそれぞれの人物描写に深みがないままに、物語は展開し、クライマックスを迎えてしまっている。

チャン・ドンゴンには、悲哀を携えた悪漢が、そして対するイ・ジョンジェは、実直で愛国心を込めた軍人という役柄が実に良く合っている。
だからこそそれぞれの人物描写にもう少し繊細さが欲しかったと思う。

韓国のアクション映画らしく、盛り上げるべきアクション描写には迫力と重さがあり、充分に見応えはある。
ただ、あと少しのところで、この映画は“チャン・ドンゴンのスター映画”に止まっている。

「タイフーン TYPHOON」
2005年【韓】
鑑賞環境:映画館
評価:5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました