「ミスティック・リバー」

2004☆Brand new Movies

 

実力俳優3人の濃厚な競演、監督クリント・イーストウッドの真摯な映画作りに対する姿勢により、相当に濃密で優れた映画であることは間違いないのだろうが、やはり個人的にはこの映画は好きになれないという結論に終始する。

そのあまりに救いの無い顛末には反感を覚えるしかなく、決して良い映画とは思えなかった。

致命的だったのは、ラストにきてチグハグなケビン・ベーコン演じるショーンのキャラクターだ。
あの描き方では説明不足だし、他の2人とくらべると人間描写に完成度がなかったように思う。
ケビン・ベーコンの演技は素晴らしかっただけに残念だ。

「ミスティック・リバー Mystic River」
2003年【米】
鑑賞環境:映画館
評価:3点

コメント

タイトルとURLをコピーしました