「ゲット スマート」<6点>

2018☆Brand new Movies

 

よくあるタイプのスパイ映画パロディのコメディ映画だろうなと思いつつも、方々から意外な程の好評も耳にする作品だったので、期待を膨らませてようやく鑑賞した。が、正直な感想としては、“よくあるタイプのスパイ映画パロディのコメディ映画”だった。
公開から10年間に渡って、無意味に期待感を膨らませ過ぎてしまったのかもしれない。

そもそも映画という娯楽においてほとんどのジャンルは、良作であればあるほど、国や文化の違いを超えて受け入れられるものだが、「コメディ」というジャンルだけは、時に良作であればあるほど、文化の違いによりウケ方が全く異なることは多々ある。
繰り広げられるコメディ描写に対して、愉快ではあったけれど、心から笑いきることができなかったことは、この映画の敗因ではなく、僕自身の敗因だろう。

映画の中で殆ど笑顔を見せない演技で観客を笑わせるスティーヴ・カレルは優れたコメディ俳優だと思うし、もはやスキンヘッドの印象しかないドウェイン・ジョンソンの“髪型”にも笑ってしまった。
そして、個人的には、この映画のアン・ハサウェイだけはずっと見ていたい。

「ゲット スマート Get Smart」
2008年【アメリカ】
鑑賞環境:インターネット(amazon・字幕)
評価:6点

予告編

コメント

タイトルとURLをコピーしました