「キング・コング(2005)」

2005☆Brand new Movies

 

今作は監督ピーター・ジャクソンが端っから公言しているように、オリジナルである1933年版「キング・コング」の完全なるリメイクなわけで、ストーリー、時代背景、登場人物、その他の設定まで、あらゆる面においてオリジナルのそれが忠実に守られている。

ただひとつ、オリジナルに対して、大きな違いがある。
それは、“コング”に対する“感情”である。登場人物の情、製作者の情、観客の情、そしてコング自体の感情。あらゆる面において、コングに対する情で溢れている。

これは、終始「空想冒険活劇」を貫いている1933年版には、実はほとんど見られないファクターである。
オリジナル版では、コングはあくまで“怪物”として描かれ、そのことが結果的に、人間の素のエゴイズムを描き出している。

逆に今作では、そういうコングに対する「感情」がメインに描かれていると言っていいだろう。
そして、そのこと自体は決して問題ではない。今の時代性を考えても、コングをただの「怪物」として描くことは、良識的に不可能だし、むしろ不自然である。

ただ、キング・コングがこれほどまでに、時に愛らしくなるほど動物的で良いのか?という疑問があった。
あれほどに感情豊かに描かれては、そりゃ感情移入するし、お決まりであっても悲劇を迎えれば涙腺がジワリとくる。
それが間違いだとは思わないが、もう少し“キング・コング”としての“怪物性”重視してほしかった。その上で巧く、何故かわいて出る彼に対する“情”を描き出してほしかったと思う。

もちろん、エンターテイメント大作として、その名に恥じるような作品ではない。「ロード・オブ・ザ・リング」で実証済みのクオリティーの高い大スペクタクルを、3時間超という大容量で見せつけられては(長すぎる気もするが)、満足するしかないことは事実。

ただ、そこまで力が入れられるのなら、あと一押しの工夫があってもよかったと思う。長い長い尺に比例するように「大味」な感が拭い去れないことも、また事実。

「キング・コング KING KONG」
2005年【米・ニュージーランド】
鑑賞環境:映画館
評価:7点

コメント

タイトルとURLをコピーしました