「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」<8点>

2015☆Brand new Movies

 

“キャスティング”に込められた“巧み”な“悪意”。
このアカデミー賞受賞作品の成功の要因は、先ずそれに尽きると思う。
マイケル・キートンをはじめとする配役の妙が見事で、その配役に応えたキャスト陣がそれぞれ見事だったということだ。

かつてヒーロー映画の主演でドル箱スターとなり一世を風靡した俳優が、十数年の月日を経て、己の俳優としての存在性、そして父親としての存在性に疑問を持ち、満を持して挑んだ舞台作品の初演を前に苦悩する様を描いた物語。
プロットとしては、極めて“ありがち”である。
ただし、先に挙げた「配役」も含めて、「撮影」の手法、ストーリーの「展開」など、描き出し方がとてもユニークで、それ故にオリジナリティに溢れた作品に仕上がっているのだと思う。

まあ何と言っても、主人公の元スター俳優役にマイケル・キートンを選んだことは、この映画が成り立つための必須項目だったように思う。
二十数年前にティム・バートン版「バットマン」で“ブルース・ウェイン”を演じたこのベテラン俳優は、今作の主人公そのものだ。
彼がこの役を引き受け、ベストパフォーマンスをしてみせたからこそ、このコメディ映画は、モキュメンタリー(擬似ドキュメンタリー)の要素も併せ持つ特異な世界観を醸し出すことに成功しているのだと思う。

主人公のリーガン・トムソンは、俳優としての栄光を取り戻すために、畑違いの舞台に挑む。
それを演じるマイケル・キートン自身も、己の俳優人生をある意味自虐的に体現し、自身のキャリアと俳優としての意地をかけた「演技」をしてみせた。
その様には、一人のハリウッドスターの“生き様”がまざまざと表れていて、物語を越えて感動的であった。

主人公は妄想と現実の狭間で終始苦悩をし続ける。
それは即ち「過去」との折り合いをつけるための闘いとも言える。
どんなに「過去」が「現在」にとって邪魔な存在になろうとも、自分の人生である以上、それから完全に決別することなど出来ない。
「現在」と「過去」を等しく見つめ、それぞれに対してどう折り合いをつけるか。人生とはそういうものなのかもしれない。

【過去=バードマン】を病室のトイレに追いやって、主人公が掴んだ【現在=現実】は、果たして何だったのだろう。
如何様にもとらえられるこの映画の結末は、それを目の当たりにした観客それぞれに語りかけてくるようだった。

「飛ぶのか?」「飛ばないのか?」と。

 

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」
2014年【米・カナダ】
鑑賞環境:映画館(字幕)
評価:8点

予告編

コメント

タイトルとURLをコピーしました